鳥取でこれから家を建てようと思っているあなたへ マイナス金利で住宅ローンの金利は下がっています。でも気を付けてください。あなたは本当に住宅ローンを組んで家を買っても大丈夫ですか

最近、よく聞くマイナス金利…住宅ローンの金利も下がるらしい。うちもそろそろマイホームの購入を真剣に考えるかな。。同僚の山田くんも家を買ったらしいし。でも、俺の給料でローンを組んでも、この先やっていけるのかな?不安が一杯で、なかなか踏み出せない。。

この前、鳥取銀行に行ったら、夫婦で熱心に住宅ローンの説明を聞いている方を見かけたけど。私と同じ年のママさんで小さなお子さんを抱いていたな。鳥銀の人もマイナス金利でローンの金利が安くなってるって説明されてたけど。でも私は今、産休中で、この先、仕事に復帰しようか悩んでいるのに、家なんか買って、大丈夫かな?

マイナス金利のおかげで住宅ローンの金利も過去最低!家を買うには絶好の機会!でも…

 

住宅購入でこんな悩みはありませんか?

  • 頭金がなくて家を購入しても大丈夫なの?
  • 2,000万円も借りて、本当に返していけるのか不安
  • 家を買った後に子供の教育費がきちんと払えるかどうか不安
  • そもそも本当に家を買っても大丈夫なのか不安

 

もし、このようなお悩みがあれば今からお伝えする事はきっとあなたの役に立つはずです。

なぜなら、今からお伝えする事は、『あなたが購入しても大丈夫なマイホームの購入予算』を明確にする方法だからです。

この方法を知る事で、マイホーム購入後も、住宅ローン返済の不安がない生活を送る事が可能になります。もしあなたが、住宅購入に少しでも不安を感じているのなら、今からお伝えする事をしっかりとご覧になってください。

住宅購入のお金のことを知らないと・・・

こんにちは。鳥取で住宅購入の相談を専門で行っています、独立系ファイナンシャルプランナーの霜村と申します。

住宅購入は一生で一度の大きな買い物になります。

初めての大きな買い物。

いままでに経験したことがないのと、「こうすれば大丈夫」という基準がないため不安になっていまうのが通常ですし、お金のこととなれば余計に不安になってしまうでしょう。

住宅購入が初めての状態では・・・

 

  • 土地にいくらかけてもよいのか?
  • 建物にいくらかけてもよいのか?
  • 諸費用はいくらぐらいかかるもの?

 

こういったことがなかなか分かりませんよね。ただ、そのような事を正しく理解してないのに・・・

工務店やハウスメーカーの言われるままに予算を決めてしまう
家賃と同等か、少し高めの毎月の返済額で計算してしまう
理想を追いかけて多少高い金額でも目をつむってしまう

以上のように、安易な決め方で、家作りの行動をしてしまう方がほとんどなのが実態です。

これは、住宅購入のお金の知識がないために起こってしまうことなのです。

 

このような予算の決め方は、とても危険だと思います。なぜなら、予算を決めないでマイホームを購入してしまうと以下のような事態になってしまう可能性があるからです。

住宅ローンの負担が大きくなり、返済に追われる生活になってしまう

今現在「この金額なら返済できるから大丈夫!」と思っていても、毎月の返済額が何年後かには多くなってしまうことがあります。なぜなら住宅ローンの返済額は、すべて返済が終わるまで同じではないからです。(鳥取では、何年間かは毎月の返済額が変わらないタイプの住宅ローンを勧める銀行が多いです。)

ローンの毎月の支払い以外に、アパート住まいの時にはなかった固定資産税の支払い、修繕費用の支払いに加えて、教育費や自動車の購入、車検などが重なり、思わぬ出費が家計に大きな負担をかけます。(鳥取では車は必須!)

ローン以外の出費についても考えておかないと、将来の生活は苦しくなる可能性があります。

子供の教育費にお金を十分にかけられなくなってしまう

住宅購入にお金をかけすぎると、教育費にかけられるお金の余裕がなくなってしまいます。親としては、子供が希望する進路に進ませてあげたいですね。

しっかりとした資金計画を立てないと教育資金が不足し、子供を学習塾に通わせてあげたり、習い事をさせてあげるのが難しくなります。場合によっては、希望する大学に資金援助をしてあげられなくなります。

旅行や趣味に使えるお金が減って、無理な節約生活になってしまう

住宅ローンの毎月の返済が負担になってくると、まっさきに旅行や趣味に使うお金を節約しようとします。例えば、年1回の家族旅行を我慢したり、趣味に使うお金を減らすことになります。

これによって、金銭だけでなく精神的にも余裕のない生活になってしまいます。

 

適切なマイホーム購入予算を知る方法とは?

では、いったいどうすればマイホームを購入した後も、家族旅行や趣味を楽しみつつ、住宅ローンの返済に不安を覚えない生活を送ることができるでしょうか?

 

その答えは…

 

「売り手側」ではない第三者に相談することです。

 

第三者の立場ではないハウスメーカーや工務店は、「適切な予算」を教えてくれません。工務店やハウスメーカーは一棟でも多くの家を売ることが仕事です。あなたがどうやったら契約してくれて、家を建ててくれるかを必死に考えています。

彼らは「家を売ること」についてはプロですが、買った後のあなたの生活や子育てのお金のことまでは、アドバイスをしてくれません。

また、お金を貸してくれる銀行も同様です。私も以前こちら側の人間だったのでよく分かります。銀行はお金を貸すのが仕事です。銀行から「みなさん、これぐらい借りてますよ、これぐらいのローンだったら、○○○にお勤めですから大丈夫ですよ」と言われたら、確かに安心かもしれませんが、借りられる金額と無理なく返せる金額は、まったく別です。

 

画像パワーポイント最新

 

例えば、2,000万円を借りたら、月々の返済が55,000円~などと買いてあるチラシをよく見かけますが、その返済額がすべて返済し終わるまで同じとは限りません。人によって違いますが、3年後には毎月の返済額が上がってしまう可能性があるのをあなたはご存知ですか?

はじめは「これぐらいだったら大丈夫」と思っていても、その後に家計が苦しくなる可能性はあります。何年後かにローンの支払いが増えることを忘れてたり、中には知らなかったりする人もいます。

 

私は、第三者の立場の鳥取の住宅専門ファイナンシャルプランナーです。

 

住宅の売り手側ではない、第三者の立場の専門家であればそのような心配はありません。なぜなら住宅を売ることは目的ではないので、本当に購入者するあなたの立場に立ったアドバイスが可能だからです。

 

専門家に相談すると

 

そういった第三者の立場からのアドバイスであれば、本当の意味で、「適切な予算」を知る事ができます。

ただ、日本ではこのようなサービスを行っているところがまだありません。残念ながら住宅を購入するときに、適切な予算を教えてくれたり、あなたの家計を真剣に考えてくれる人はほとんどいません。

残念ながらこれが事実です。

そればかりか家づくりのお金のことを知らないばかりに多くの方が、“数百万円”のお金を無駄にしてしまってます。

例えば家づくりのお金のことを正しく知っていれば、同じ土地と建物を買うにも、“数百万円”単位というお金を節約できる方法があります。

あなたがこの方法を知り、無理のない住宅ローンを組むことができれば
家を建ててからもお金が貯まる家計を作ることだってできます。

『家づくりをきっかけに真剣にお金のことを考えると人生は変わる!』

これは、いままでたくさんの家を建てたい方のお手伝いをして感じたことです。

家を建てる前に、お金のことを親身になって教えてくれる人がいれば、家を建てたあとで後悔することはない!と思います。

 

そこで、私は安心して家を買うことができる方が一人でも増えるように、第三者の立場から、あなたが買っても大丈夫な『適切な予算』をお伝えする『マイホーム予算診断サービス』を提供しています。

 画像パワーポイント(予算診断サービス)

私は、特定の住宅会社や金融機関に属していない、鳥取の住宅専門のファイナンシャルプランナーです。住宅ローンの事はもちろん、子供の教育費の事など、家を買ったあとのことにも精通しています。実際に、FPシモムラという会社を立ち上げてから、今までに50組を超える方へ住宅購入のサポートを行ってきました。もちろん家を建てた後も、いろいろなお金のサポートを行い、長いお付き合いをさせていただいている方が大勢います。

 

そういった知識・経験を生かして、第三者の立場から『あなたはこの予算であれば家を買っても大丈夫ですよ』ということをお伝えしていきます。

お電話でのお問い合わせはこちら

0857-50-1346

10:00~20:00 平日(水曜日を除く)・土日・祝日
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。